macのローカル開発環境(XAMPP)でメールを送る

POSTED: Dec 8, 2009, 4:08 am
TAGS: ,

WindowsのXAMPPを使っているときはMercury/32でメールサーバーしてたけど、LeopardにはPostfixがデフォルトで入っているのでphpなどでsendmailしたときにそれを使える。

自鯖でメールサーバーが面倒な場合は外部のSMTPサーバーを使うと良い。
ここではGmailを使ってみる。
/etc/postfix/main.cf に追記

//一番下に追記する
relayhost = [smtp.gmail.com]:587
smtp_sasl_auth_enable = yes
smtp_sasl_password_maps = hash:/etc/postfix/sasl_passwd
smtp_sasl_security_options = noanonymous
smtp_sasl_mechanism_filter = plain
smtp_use_tls = yes

sasl_passwd.dbを作成する。
まずはsasl_passwdというファイルを作り下記の感じでアカウント情報を書く。

[smtp.gmail.com]:587 ユーザー名@gmail.com:パスワード

作成したsasl_passwdをportmapしてpostfixで読み込む。

$ postmap sasl_passwd
$ mv sasl_passed.db /etc/postfix/sasl_passwd.db
$ postfix reload

以上で、ローカル開発環境でもメールが届くようになる。
注意する点として、この設定をした直後に今までプールに貯まっていたメールが一度に配信されるので、設定をする前に送信待ちメールは削除しておくこと。

適当なメモですいません。。

ちなみに/var/log/mail.logにCA証明書関連のエラーが吐き出されてしまいます。メール自体はすんなり遅れてるのですが、ちょっと気持ち悪いので要調査。

参考

Mac OS X で Postfix(sendmail) を使って CLI でメールを送る – EAGLE 雑記