SSD搭載のMacBook Pro 15インチ(Mid 2009)にHDDを追加したよ

POSTED: Jul 14, 2010, 12:32 am
TAGS: ,

160GBのintel X25-Mに換装したマイMBPでしたが気づけば空き容量が25GB。せっかく手に入れたFinal Cut Studioが入らないのでCD/DVDスーパードライブをHDDに換装。

このテク、市販のMCE OptiBayを使えばいとも簡単にできるらしい。
でもただのHDDマウンタに12kも払うのが勿体無い。
MBPのスーパードライブは9.5mm厚のSlimlineSATAなので、同じようなSATA – SlimlineSATAのマウンタがないかなーと探してみたら、東映テクノハウスにありましたコレ。SlimBay9.5SA-HDD.SA

早速、MTGがてらに購入(2000円ぐらい)。
んでHDDも手持ちのSeagate 2.5インチ 500GBはクセがありすぎて怖いので、HGSTの2.5インチ 500GBを購入(7000円ぐらい)。

MBPに取り付けたという事例が見つからなかったので一か八かでしたがやってみるさー。
(こんなことしたら保証もクソもなくなりますよw)

まずは裏ぶたを開けて。

潔くCDドライブを取っ払う。
両面テープでくっついてるコードをキレイに剥がして、コード止めみたいな小さな部品をとり、CDドライブを留めてるネジを3本はすずと、すぐにCDドライブが解放。

HDDをマウンタに入れて、試しに装着。
そうだ言い忘れてた、マウンタにはThinkPad用っぽい外装が付いてるので、それは力づくで取るべし。
CDドライブを留めていたネジがひとつも入らないので、HDDマウンタがグラグラ状態。そりゃそうだ。

こういう時はスポンジ型両面テープ。
こんな感じでちょっと付けてやった。

おぉ、バッチリだ!
裏蓋を乗せると、両面テープ分浮く。
でもこれがスポンジ型両面テープの本領発揮。スポンジ厚分をネジを強く締めるとクリアランスも元通りかつHDDマウンタも密着。

起動後、ディスクユーティリティーで初期化して出来上がり。
わざわざ起動毎にマウントしなくても、使い勝手はデフォHDDと同じらしい。これは便利!

ということで、システムはメインのSSDで、大きなファイルはHDDの方でというスタイルが完成。
iTunesとかiPhotoのライブラリ、Logicの音源、動画ファイルなんかも容量気にすることなく使えるようになりましたとさ。

そして心置きなく、今までのCS3版Premiere、AfterEffectsから最新版のFinal Cut Studioに乗り換え。
インストール容量55GB。(;゚д゚)パネェ…