思ったより楽しい高尾山ナイトハイク

POSTED: May 22, 2011, 8:19 pm
TAGS: ,

車の少ない時間帯を思う存分に走れるナイトライドが楽しくて、昨日は思いつきで高尾山登山に行ってきました。

その日、ネットで調べたところ高尾山は時間帯による登山制限をしていないらしく、夜中であろうが出入り自由らしいというのを発見。(夜中の登山をナイトハイクと言うらしい)
早速、チャリを整備して自宅の渋谷から高尾山へ向けて午前1時過ぎくらいに出発。道のりがだいたい50km、およそ2時間半くらいで高尾山口に到着しました。

街灯も少なく、高尾山自体初めてということもあり、登山の入り口がどこかわからず迷うこと30分。
どうやら先にある真っ暗な暗闇が登山道らしい雰囲気だったので、チャリをフェンスにくくりつけて登山開始しました。(暗闇に当てもなく特攻するのに少々勇気が入りましたけど…w 真っ暗で本当に先が見えないので登山道や入り口はあらかじめ調べておくべきですね)
それにしても電灯のない田舎の暗さは、ただただブラック。手持ちのチャリ用ライトを消すと目を瞑ったかのようなブラックアウト状態。
ガサゴソ物音がしても何が動いているのか全くわからないし、自分がどこを歩いているのかも全くわからないし、そもそも登山道だったのかも不明だし、ISOバシバシ上げて写真とっても黒いのしか撮れないし、、うーーん、ナイトハイク楽しい!!!(サルらしき影を何度か見ましたよ)

中間地点を超えたあたりから電灯が出現し始め、そしてだんだんと夜が明け始めてきました。
あーーーこの感じ最高だ!

しばらくするとナイトハイクの夢の世界から解き放たれて、気持ち良い空気が漂う早朝の清々しさに変わっていきます。

無事山頂までたどり着いて、ダッシュで下山。
破裂しそうな太ももを心配しながらも、朝の車ラッシュが始まる前に帰還しました。

この夏、ナイトハイクにハマリそうです。