— Manfrotto MH055M8-Q5とSONY CLM-V55でデジイチ動画撮影環境を整える

Posted: Jun 15, 2011, 6:57 pm | Author: cyberryo | Category: Dialy | Tags:


まだ日本では未発売のManfrotto MH055M8-Q5、在庫希少で手に入りにくいSONY CLM-V55をB&Hで購入。

MH055M8-Q5は写真にも動画にも使えるマルチ雲台。PhotoとMovieの切り換えスイッチなど、今までの雲台にはない機構が付いて、つくりも高級感がありプロダクトとしても男心をくすぐります。もちろん動画対応なのでパン、チルトの動きは申し分なくスムーズ。

MH055M8-Q5の詳しいレビューなどはこちらで紹介されています。

一方、CLM-V55はSONYのデジイチαのアクセサリーですがEOS 7Dはじめ、HDMI端子を備えたデジイチで使えます。(ただ撮影時には画面が小さくなったりしますが)
動作にはα系専用バッテリーと専用チャージャーが必須なのですが、付属していないので別途購入する必要があります。

さて早速実戦投入して使っていますが、一段とピンを合わせやすく、そしてスムーズなパンチルトができるようになり、画的にも本格的なものが撮れるようになりました。
これでイケない映像撮りまくってやるんです。

改めて、誰でもそれなりの画が撮れるようになるデジイチ動画環境の普及はありがたくもあり、業界にとっては恐ろしくもありますね。
ただ今の時代は、10割のコストをかけた100%クオリティのクリエイティブ需要よりも、2割のコストでできる80%クオリティのクリエイティブ需要が多いのは確かだと思います。


Facebook Comments