MacBook Pro 15″ Retina Mid 2012 Core i7 2.7GHz / 16G / 512GB

POSTED: Jul 4, 2012, 9:48 am
TAGS:

CTO注文したMacBook Pro 15″ Retinaが到着。

新旧MacBook Pro。

今回の新MacBook Proは、軽くなったり、薄くなったり、速くなったり、広くなったりしてるので、それはもうおでこテカテカさせながら待ってました。

いつもはHDDをSSDに載せ替えてDVDドライブの場所にHDDを無理やり積んでましたが、今回からはデフォでSSD。そしてDVDドライブなんてありません。イーサネット挿すところもありません。HDDごときではとうてい追いつけない速度のThunderboltインターフェース、USB3.0も2つずつ付きました。Appleの思想が思いっきり反映されたスタイルに心奪われまくりです。

使用感ですが、正直Retinaはただただキレイなだけで、まだ期待しないほうが良いかもしれません。現状、Retinaにしたことでの弊害が色々と出ているのでファームウェアやドライバがアップデートされるまではベータ感覚ですね。
スクロールがもたついたり、ハイバネからの戻りがうまくいかなかったり、そもそもの描画の重さが響いていますね。
それに比べて動作の軽さは期待通りのスピードで、クリックしてから「待つ」ことが無くなりました。PhotoShopやillustratorの起動も3秒。16GBのメモリのおかけでアプリもわざわざ閉じる必要がありません。
スペックは正義です。

さて、移行アシスタントに甘えた結果、完璧主義の変なこだわりが発症してすぐに全初期化。そしてクリーンインストールするというお決まりのコントを終えて、早速今週から働いてもらっています。

Retina未対応アプリでは文字が見事にぼやけたり、2880 x 1800のドットバイドット画面を試して目が痛くなったりしましたが、これから戦友としてみっちり付き合ってもらいますよ。CPU冷やして覚悟して起きなさい。