2009年、絶対に欠かせないFlash周辺技術、ライブラリたち

POSTED: Jan 15, 2009, 3:29 am
TAGS:

fl
2009年、マストなFlash周辺技術、ライブラリの11選らしいです。なんで11?

hydrotik | flash development | actionscript | creative » Blog Archive » 11 Must Have Flash Resources and 11 Must Have Utilities For 2009

1. Papervision 3D + VectorVision
言わず知れたFlashで3Dを扱うライブラリ。半年前に使ってましたが、いまは中々使う機会がなく。。いまはすごく早くなってるらしいですね。

2. Ribbit
電話できるFlashアプリケーション。少し話題になったけど、日本ではイマイチ聞かないですね。

3. Go + HydroTween
Tweenをラクにしてくれるライブラリ。TweenerとかTweenerMaxとかありますが、僕もHydroTweenが一番キレイで早い気がします。TweenMaxも早いけど、動きが荒いですよね。

4. Unity3D

5. F.D.T.
こんなの出てるんですね。もうIDEはFlashDevelop以外に考えられないくらい依存してます。

6. Adobe Flash CS4
出るの早すぎ。

7. Red5
映像を扱うことが多いので、もっぱらFMS派ですが、Red5もH.264に対応予定らしいです。対応したらぜひ使ってみたいな。

8. AMFPHP
試そうと思いつつ、なかなか手を出せてないです。

9. Spring Actionscript/Prana
Flexとか使ったりしたホントのアプリケーションのためのフレームワークすね。

10. PopForge
音で遊べるライブラリ。

11. Pixel Bender

次に、Flash開発に便利なライブラリなどの11選。

1. SWFObject 2.0
お世話になっています。恐ろしいくらいに定番になってますね。

2. Unity Object

3. QueueLoader 3.1
結構前からある気がする、Loader。

4. TextArea Paging

5. FileReference Verification of File Type

6. Libary Code Version Checking

7. Object Pooling Class

8. SelectiveBitmapDraw

9. FLARToolKit
ARToolKitのAS3版。年賀状もスゴかった。

10. HiReS! SWF Stats

11. Orchid

う〜ん、日本のFLASHer界隈とは違うのかなー。
自分的にはProgression3が1位なんだけどな。。
最近、クライアント案件では始めてProgressionを採用して使いましたが、もうコレっきゃないっす。